1日分の野菜が取れる!!をキャッチフレーズとして販売されているジュース。
彼の登場は2004年。
普段、食べていない野菜を手軽に取れることが世間受けし、定番と化しています。
皆様は野菜をどのような形で食べますか??

日本においては、国が「野菜を1日350g摂取」を推奨しています。
この政策の真意とするところは、1日分の野菜ジュース系を飲んだところで、解決するものでは有りません。
(野菜ジュースで解決するなら、ストレートに野菜ジュースを飲みましょうと言うでしょう。)
その証として、品名に「野菜・果実ミックスジュース」と記載されているものが多いです。
ジュースと記載されている以上、果汁でしかないのです。
つまり、サラサラの野菜ジュースには水溶性の食物繊維しか含まれません。
最近では、ローソンのグリーンスムージーの様にドロドロ系の商品も増えてきていますが、野菜全てを使い切っていないと思います。

野菜を野菜として食べることを推奨する理由として、
★ビタミン・ミネラル・食物繊維のほか、ポリフェノールなどの機能性成分が含まれる。
ちなみに、日本人対象の研究で、野菜摂取が多い人は、ほかの食品も多く摂取しており、微量栄養素の摂取量も多いとの報告があります。
★多くの野菜は水分を多く含み、食事に野菜を取り入れることで、食事全体のエネルギーを抑えられる。
また、咀嚼回数が増えるので、自然と食べすぎを防いでくれる効果もあります。
★将来のがん、脳卒中、心臓病を予防できる可能性が示されているなどがあげられます。

ベジフルとしては、
★食べ物に含まれてる全ての栄養素が摂取できる
も外せないと思っています。
これは野菜に限らず、全ての食べ物に共通する事です。
ジュースにした際に破棄されたものに多くの栄養素が含まれる可能性があります。
また、現在、知られている栄養素はあくまでも存在が確認され、抽出に成功した成分の一つでしかありません。
これから先、新たな栄養素が発見される可能性はありますし、それらが相互作用して体内で有益な作用をしているかもしれません。