2021年9月14日

ひろこ
ひろこ
あなたの食の専属パートナー ひろこ です。
近年ぐっと馴染み深くなった東南アジアの料理。なかでもタイ料理は専門店も増えてきました。以前は、タイ料理といえば、トムヤムクンやココナッツミルクを使ったタイカレーがメジャーどころでした。最近の注目株と言えば、ガパオライスではないでしょうか。外食が気軽に出来ない中で、レトルト食品やソースも各社から発売されていますね。
そんなガパオを手に入れたので、レシピ紹介とあれこれです!!

ガパオとは?

ガパオは、ホーリーバジルとも呼ばれるハーブの一種です。
普通に見かけるミント、バジル、ローズマリー、パセリ、紫蘇などと同じハーブの部類です。
スーパーでバジル、パセリ、紫蘇などはよく見かけますが、ガパオは見たことが無い方が多いと思います。

私がガパオを意識したのは2年以上前のことです。
西新橋で弁当のテイクアウト店を経営していた時に、「巷でガパオライス見かけること多くなったなぁ」と思い新メニューに入れようと思った時でした。
その時のガパオライスの印象は、今まで4軒位で食べたけど、どれも味が一定でなく、美味しい!!って思える店は一軒も無かった😅といった、良くない印象でした。

そんな印象の中、レシピを調べて、日本の大多数の店ではガパオの替わりにスイートバジルを使用していることが多いことが判明しました。
そう、日本ではガパオライスでなく、バジルライスをガパオライスとして販売しているケースが多いのです。
そりゃ、味が一定になる訳ないよ!

加えて、タイ大使舘の公式レシピに「ガパオライス」ものなるメニューは存在しません。
確かに、パセリライスって言われたら、「白飯にパセリでも混ぜたの?」ってなりますよね。
今回のレシピの場合は、「カウ」⇒ご飯、「パッ」⇒炒める、「ガパオ」⇒ガパオ、「ガイ」⇒鶏肉で、『カウ パッ ガパオ ガイ』ということになるようです。

そんな、色々とあるガパオライス。ガパオが手に入ったのでガパオライスを作ってみたいと思います!!

ガパオライスのレシピ

材料は以下の通りです。
味付けは、絶対的なものは無く、色々とある様です。
要はガパオが入っていればガパオライスと名乗って良いのだから、当たり前といえば当たりまえ。
タイの料理なので、タイらしく唐辛子とナンプラーは最低限入れることにしました。

【材料(一人分)】    
(ガパオ炒めの具材:炒め順) (調味料) (添え物)
油 3g ナンプラー 4g ご飯 150g
にんにく 6g オイスターソース 3g 目玉焼き 1個
唐辛子(乾燥) 1g  顆粒鶏ガラ 1.5g ベビーリーフ 5g
鶏もも(皮無し) 80g 砂糖 3g きゅうり 10g
玉ねぎ 45g   トマト 25g
いんげん 15g    
パプリカ 10g    
ガパオ 4.5g    

【作り方】
①にんにくはみじん切り、唐辛子は小口切り、玉葱とパプリカは細切り、鶏肉は1㎝角に切る。ガパオは茎と葉を分ける。
②フライパンに油を引いて、にんにくと唐辛子を炒める。
③香りが立ってきたら鶏肉も加えて炒めて6割ほど火が通ったら、玉ねぎ、いんげん、パプリカを加えて8割ほど炒める。
④調味料を加えて炒め、火を止める直前にガパオの葉を加えて軽く炒めたら、出来上がり。
⑤お皿にご飯、ガパオ炒め、目玉焼き、リーフレタス、きゅうり、トマトをそれらしく盛って出来上がり。

栄養バランス

ベジフルのレシピはご家庭の味付けに近い濃さになっています。
野菜も、肉も、米も、程よくとっていれば、ザックリでいい感じのバランスに整います。
一回の食事で完全を求めると大変なので、1日の食事でバランスをとっていくことをお勧め致します。

自炊の場合の工夫点は、
 ✓ 食物繊維を補いたいのであれば、白米を玄米に変えたり、雑穀米に変更する。
 ✓ ビタミン類の不足は、他2回の食事で今回食べなかった野菜を食べる
 ✓ カルシウムの不足は乳製品などで補う。
 ✓ n6系、n3系の脂肪酸の不足は、他の2回の食事で豆類や魚類を食べる。
などを行えば、1日で必要な栄養素を過不足なく食べることが可能です。

ちなみに、市販のガパオライスは、野菜量が少なく肉が多めで、味付けも濃いので、上のようなレーダーチャートにはならない可能性が高いです😅

ひろこ
ひろこ
ガパオを野菜売り場で見つけた時は、驚きました。価格は他の他のハーブ類と変わらないです。清涼感のある香りが特徴で、やっぱりバジルとは別ものでした。市販のレトルト食品やソースでも、バジルを使用しているのにガパオライスと名乗っている商品が多いので、購入する時は気をつけてくださいね。