ひろこ
ひろこ
あなたの食の専属パートナー ひろこ です。
HPで友人宅に行きましたら、ご子息の夏休みの宿題をお手伝いすることになりました。
そんな気楽なBlogです。どうぞ!!

私にとって、夏休みの宿題と言えばドリルと読書感想文と自由研究の世代です。
最近の小学生は、家庭科などもあるようでビックリ!
友人宅に出向いたら、「手伝ってあげてぇ~」と言われたので、二つ返事で快諾。
息子に宿題内容を聞いたら、「温野菜サラダ」「青菜を湯がく」「ジャガイモを湯がく」など答えが定まらず。。。
プリントをみたら調理したい物を作れば良いだけで例として『温野菜サラダ、青菜をゆでる、じゃが芋をゆでるなど』と書いてありました。
要点を抑えているようで、抑えていない😆

でも、作りたいものはハッキリしていて夏なのに『温野菜サラダ』😆
入れたい具材も、トウモロコシ、オクラ、じゃが芋とはっきりしていて、よろしい!!

作るものがはっきりしていたので、先ずはレシピ作り。

基本、手を必要以上に出さない私。
というより、「頭を使って何ぼだろ」的なスタンスの為、小学5年生にも同じ態度😆
私「ジャガイモはスーパーで売られる前は、土の中にありましたか、外にありましたか」
友人「一緒にいもほりいったことあるよね」
息子「土の中かな」
私「当り~。土の中で育ったものは水から湯がきます」
友人「へぇ~」
息子「へぇ~」
私「次に、トウモロコシとオクラは土の中ですか、土の外ですか?」
息子「そと」
私「そうだね。外に出ているものはお湯から湯がきます」
友人「知らなかった」

といった具合。

息子は途中、若干遊びだすものの、基本は真面目で放棄することなく、初めてのことも黙々とやる真面目さ。

途中、「炎が赤くなったのは水が垂れて温度が下がったから」だの「これが対流って現象」とか宿題に関係ないことにもちゃんと着いてきてビックリ!

その後、ドレッシングなども手作りして完成。

「盛り付けは、センスに任せる」と超投げやりな私の言葉に、そこも黙々とこなすのはえらいな~。

ひろこ
ひろこ
家庭科の宿題のお手伝いします!!
料理をできるようになってもらいたいので、気長にお子様のペースで行いますよ。
息子さん、今日の夕飯の準備を手伝ってくれたようで、嬉しい限りです✨

【番外編】

ジャガイモを湯がいている最中、トウモロコシが入った袋を振り回しだした息子さん。
友人が「やめなよ~」といった矢先に、トウモロコシをぶちまけてしまう。。。
私はゲラゲラ笑ってたけど、これが毎日じゃ疲れるよね。
子育てしている方々には脱帽です。