ひろこ
ひろこ
あなたの食の専属パートナー ひろこ です。
テレビ東京さんの『自炊戦隊!プロテンチョー』で栗の渋皮揚げを紹介させていただきます。今回は、その栗の渋皮揚げのレシピのご紹介です。凄く簡単なので、ぜひ作ってみてください!!

そもそも『自炊戦隊!プロテンチョー』の趣旨は、
外出自粛続きで「自炊のメニューが尽きた・・」と悩みを抱えるご家庭のために、人気飲食店の店長たちが立ち上がった!!プロテンチョーたちが ”おうちで簡単に作れるプロレシピ動画を公開する” プロジェクトです。

YouTube動画に応募させていただいた際に、撮影に協力してくれた小野寺さんから、

材料も多いし、めっちゃ面倒だね
と言われました。

この反省を踏まえ、あえて自炊で避けられがちな生栗の料理を提案させていただきました。

栗の何が面倒って、皮を剥くことですよね。栗ご飯を作る場合は、外の鬼皮を剥いて、さらに渋皮まで剥き終わるときには、「手首いたぁ~」って感じになりますよね。

皮を剥くことを放棄して、ゆで栗って選択もありますが、スプーンですくって食べると、ボロボロ落ちて意外に面倒ですよね。

ということで、鬼皮だけ剥くだけで良く、食べるときに面倒臭さを感じない栗の渋皮揚げを提案させていただくことにしました!!

 

 

【材料】
栗 好きなだけ
油 適量(栗が全部浸かる程度)
食塩 お好み

【作り方】
1.栗を2時間程度水につける。
栗の鬼皮(外側の固い皮)を剥きやすくするための作業なので省略可です。

2.栗のザラザラした境界線から包丁を入れ、栗の頂点に向かって鬼皮をはがすように剥く。
渋皮を傷つけても問題ありません。

3.鍋に2の栗を入れ、油を栗がかぶるくらいに入れる。

4.弱火の火にかけて、150度程度の温度で6分程度揚げる。
栗はでんぷんが多い食材で、酵素活性を利用して甘味を引き出すことが可能です。 酵素は40~70度の温度帯で活性化するので、あえて常温の油から調理することで甘味が引き出せるのです!!

5.竹串がすっと通るまで揚げる。
上げるタイミング、栗から出てくる粟の大きさに注目します。はじめは細かい泡ですが、大きい泡になってきたら上げ時です!

6.お好みでお塩を振りかけて出来上がり。

 

ひろこ
ひろこ
いかがでしたか?
渋皮が食感的にも味的にも良い感じで、箸休めにもお子様のおやつにも、もってこいのレシピになっておりますので、ぜひ作ってみてください。